読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

溢れ出す感情

のんびりしたい。

演技がんばる伊野尾くんが好きだ

Hey! Say! JUMP 伊野尾慧

 夏!サマステ!ヤッフゥゥゥゥー!!!

 

ってな感じで過ぎていく私の夏、、、

久しぶりーーーー!元気にやっております。

まあ想像通り7月はサマステで頭いっぱいだったよ(テヘッ)

 

突然で申し訳ないけど、伊野尾慧さんが出てるドラマ*1

 

見てる?

 


頼む、見てくれ(何様)

 

まあ一言で言えば

 


泣いた。

 

もちろん伊野尾慧の成長に泣いた。うわああああ、、、

 

伊野尾慧くんの役は主人公が通うバーのマスター(バーテンダー)*2でお客さんの気分によっていろんなカクテルをつくってくれる。優しく悩みを聞いてくれたりするけどなにか裏がある?みたいな感じ。

まさかこんなにメインキャストだとは思ってなかった。なるようになるさのときは毎回毎回長台詞大丈夫かな?とか心配あったりしてたんだけど今回はそんなことない。

なんなら家族と一緒に見て普通に楽しんでる自分がいる。

 

ダークシステム*3のときは盲目のピアニスト役、もともと滑舌はそんなによくなかった伊野尾くんだから慣れてない感じもしたし、台詞を台詞として言っていますって感じが強かった(なかなかドラマの機会なかったからね)

なるようになるさのときは長台詞にきっと苦戦したと思うし演技の先輩方が多い現場だっただろうから大変だっただろうけど刺激的な現場だったと思うな、そのときは台詞言う間とか、口調とかまだまだ不自然な部分も沢山あった気がした。(黒髪可愛かった)

戦う書店ガールは思ってたよりちゃんと演技ができていたかなっていうイメージだった。結構台詞あったけどなるようになるさよりは上手く言えてた、まだまだ滑舌とか台詞、表情の大袈裟感は否めないけど成長は感じた。(日下くんかわいい)

でも、このドラマでは慣れてきたのか強い口調で「お客様!?」とか言ってもそこまで違和感は感じないし掛け合いとかも割とできてるし、少し影のあるところも伊野尾くんらしく上手く表現できてると思った。(あくまで個人的見解だけど)

まだちょっと滑舌悪いから「このカクテルはーーー」とか言うと違和感あるけど伊野尾慧ではなくミステリアスな癒し系日下瑛治くんになれてたよ。

いらっしゃいませとかににじみ出るめざまし感がかわいい。あと、手が綺麗だからバーテンダー役似合うね、衣装も似合う。

 

とにかく

 

着実に演技のお仕事こなしていく中で成長している伊野尾慧くんが好きだし。

 

カクテルを作ってる伊野尾慧くんが好きだし、予告の傘差し出してくる伊野尾慧くんも好き。

 

結局私は伊野尾慧くんが好きなわけで。

 

次回、結構伊野尾くん目立つっぽいから期待してる。ワクワクしてる。

そんな伊野尾くんだから心配してない。

とある友達が木曜日は伊野尾くんに癒されてるって言っててついにそんな存在になったんだなって泣きそうになってしまった。

テレビに出てたねとか雑誌の表紙だったね、とかいろんな人の目に触れる機会が増えて嬉しい。

伊野尾くんががんばっていることを言われると本当に嬉しくて語ってしまいたくなるけど引かれるからなぜか「ありがとう」って言ってる。友達には誰だよって言われた(本当に誰だよ)

これからも演技がんばってください(涙目)って話でした。

 

伊野尾くんについて書くとなぜか最終的に「結局伊野尾慧が好き」に至るのは私だけ?

 

最後に言いたい

 

伊野尾慧(26)可愛いよバカヤロー

 

 

*1:そして、誰もいなくなった

*2:日下瑛治

*3:ダークシステム恋の王座決定戦